1年前にYouTubeに投稿されたサバイバル動画を見ることがよくあります。
大自然の中、10日間1人で生き残れるかというものです。人が生きるためには何が必要か、優先順位を口に出して確認するシーンが毎回のように出てきます。我々も声に出してみましょう。災害の時に役に立つかもしれません。

water(水)、shelter(拠点)、avater(アバター)、fire(火)、foods(食糧)。
今日はアバターの話です。



DZVlq39U0AIRPF2

さて前回投稿したアバター貢献度バトルではメカニック編成を記事にしました。
今回は別の編成を試したいので、極力準備が必要ないと思われるレスラーで参戦します。
前回のメカニック編成感想は下記リンクからご確認頂けます。興味のある方はどうぞ。




レスラーとメカニック編成と比較するにあたり、第1回の貢献度統計を出しました。
(Mや準Mが取れていないマルチはダメージ量から推測される貢献度を集計しています)

■第1回アバター貢献度バトル(メカニック/非AT/12連)
貢献度平均:714,844
貢献度秒速:6,681

※あくまで私の編成の貢献度です。



update_job_news7

■レスラーとメカニックの明確な違いや特徴

どちらにおいてもフェリによる確定TA追撃をメインに構成されると思います。
メカニックには自前で奥義ゲージを用意できる利点。レスラーにはジョブスキルによって確定TA追撃を他ジョブよりも1ターン分多く行える利点があります。
自前で奥義ゲージが用意できないのでレスラーはAT、メカニックは非ATで使われます。

また、メカニックが確定TA+奥義で5ターン使うのに対し、レスラーはスキルによって確定TAが増えるので実質6ターンを回すイメージでの操作が必須です。
そのため、レスラーの現在の適正連部屋は10~12連になるのではないでしょうか。
(メカニックは現在12~15連が適正の認識です。)

明確に使い分けの理由がありますので、調整して使用していくことをお勧めします。


■今回の編成
ElUjk6cK

ジョブを変更したのみで、前回と同様です。次回以降変更が無い場合は記載を省略します。
ゾーイは上限に届かない場合お好みで編成に加えましょう。


■今回の武器
j6hoim9N

武器が用意できていないので、天星器をメイン装備としています。
属性付与まで進んでいますが本来であれば編成に入るほどの装備ではありません。光格闘装備で有用なのは少なく、イベント装備・黄龍拳・オメガ拳・チャンピオンベルトの選択になりそうです。
今チャンピオンベルトを作成していますので、それまではこの編成でチャレンジします。

(召喚石は第1回と同様のため省略)

さて実戦。本日の12連部屋のジョブ内訳です。
レスラー:1名
クリュサオル:2名
ベルセルク:2名
ザ・グローリー:5名
メカニック:1名
アプサラス:1名
平均ランク:179(163~217)
アプサラスがいたのが驚きです。珍しい。

部屋速度が遅く余裕があったので、色々と試せたのはありがたいことです。

jzpbR2w1

■第2回アバター貢献度バトル(レスラー/AT/12連)
貢献度平均:757,996 (メカニック非AT:714,844)
貢献度秒速:7,972 (メカニック非AT:6,681)
非ATと比べるのはよくないですが、貢献度速度は向上しているようです。


以下にレスラー対アバターで気付いたことを記載します。
やってみないと分からないところがありました。


4ZOkl8lM

■ツープラトンの有用性について
ツープラトンとは通常攻撃をターン進行なしで行うレスラースキルです。

まず説明するにあたり、フェリ編成の攻撃の流れを理解してもらわなくてはなりません。
フェリの3アビ「ヒン・リヒテン」はPTメンバー全員の奥義ゲージを100%消費し、確定TAと追撃を付与しますが、その時奥義ゲージが溜まらなくなるショート効果も付与されます。メカニック編成では4Tを通常攻撃、5Tで奥義を発動するためクリアオールが必須でした。
しかしレスラーはツープラトンの存在により、クリアオールを不要とすることが可能です。

アバター75%行動の攻防デバフ付与はどのジョブでも対策が必須です。
フュンフで解消する場合に限りますが、1~2T通常攻撃が終わった後にデバフを喰らい、フュンフによってクリア、その後の3~4Tの通常攻撃及びツープラトンTAによって奥義ゲージ回収が間に合います。
メカニックも可能ですが、1T通常攻撃が終わった後にアバターが75%を切っている必要があります。部屋によって速度がブレるため、現実的とは言い難いです。

レスラーはより現実的に「クリアオールを使わない」という選択肢が取れます。
これは敵HP50%を切る前により多くの攻撃が行える可能性を示唆しています。


■ファイティングスピリットの有用性について
ファイティングスピリットは、被ダメージが無い限りテンションが上がり続けるレスラースキルです。

上記のツープラトンで説明した通り、アバター75%行動は攻防デバフです。しかしこれにダメージはないため、被ダメージで解除されるファイティングスピリットと相性が良いです。噛み合わせることで確実なテンションUPを狙えます。
確実なテンションUPはツープラトンの効果向上が見込めます。主人公のみ火力が上がるのが少々残念ではありますが、そこで選択肢としてチャンピオンベルトの主人公のみ上限UPが編成候補に上がります。もちろんファイティングスピリットの1回被ダメージ無効もつけられるのでお好みで。


本日の非AT12連はMVP12回でした。目標まで残りMVP983回。

アバター貢献度バトル会場はどなたでも参加を募集しています。興味ある方は私までご連絡を。
その際はぜひ光PTについての情報交換もしたく存じます。

それではごきげんよう。

ID:17724160 ミヤノ